夏は東北三大祭りの1つ仙台七夕へ!

言わずと知れた仙台七夕祭りは、夏に仙台へ行くなら是非参加をお勧めしたいイベントです。お祭りの規模は大きく、その七夕装飾は仙台駅から始まり、クリスロードや一番町という主要な商店街まで続きます。その巨大でカラフルな装飾は、街一帯を華やかに彩り、仙台市民とて非日常を体感することができるはずです。また、祭りの開幕を告げる花火大会はその打ち上げ総数が1万5千発を超え、圧巻のインパクトと言えるでしょう。屋台やで店でカキ氷などを食べながら、夏の風物を思う存分満喫するのはいかがでしょうか。なお、仙台七夕は一般的な七夕とは異なり、7月ではなく8月に行われるので注意が必要です。訪れる前に、日程等を確認を忘れずにしましょう。

 

冬は光のページェントで圧巻のイルミネーション!

仙台光のページェントは、杜の都の象徴とも言えるケヤキ並木を、60万を超える電球で装飾したイルミネーションです。冬の澄み切った空気にその光は輝きを増し、訪れる多くの人々の心を魅了するでしょう。また、天候次第では、光のページェントが雪化粧された様子を見ることもできます。なお、装飾は基本的に定禅寺通りと青葉通りに飾られますが、これらは歩いて観賞するだけではなく、車で走りながら見ることも可能です。そのアクセスのし易さは他のイベントの追随を許さないほどでしょう。もちろん、東北の冬は寒いので、十分な防寒対策は必須です。恋人のいる人はその人と、いない人は想い人と一緒に見て回れば、その温かさが増すかもしれませんよ。